洗顔 方法 注意点

毛穴ケアがうまくできないのは洗顔が原因かも!?

 

毛穴の黒ずみがなかなか除去できないという理由で、洗顔を念入りに行っている方も多くいると思います。ですが、実際には、その9割の方が”正しい洗顔方法”を知らずに間違った洗顔方法をしているのです。

 

 

この記事を見ているあなたも、汚れを落としたいあまり、ゴシゴシとこすっていないでしょうか?熱いお湯でバシャバシャと勢いよくすすいでいないでしょうか?脂っぽいのが気になって、1日に何度も洗顔料を使って洗っていないでしょうか? 

 

現実問題ですが、上記の内容に思い当たるのであれば、その洗顔方法は間違っていると言ってよいでしょう。間違った洗顔方法は毛穴の除去だけにとどまらず、いろいろな肌トラブルの原因にもなりかねません。

 

 

洗顔時に間違えてしまいがちな注意点!!

 

以下に9割の方が間違えている洗顔方法を紹介しておきます。正しい洗顔方法へのポイントも同時の紹介しているのでかなり参考になるのではと思います。

 

洗顔時の注意点@ 洗顔は1日3回以上すると・・・。

 

汗をかきやすい暑い時期は、肌の脂っぽさが気になったりしますよね。つい洗顔料を使ってマメに洗いたくなるかもしれませんが、1日3回以上は洗いすぎです。

 

 

皮膚には肌の水分を保持したり、外部から異物が侵入するのを防ぐバリア機能があります。皮膚の表面を覆っている「皮脂膜」と、皮脂膜の下にある「セラミド(細胞間脂質)」がその役割を担っています。

 

洗顔をしすぎると、肌に必要な皮脂や肌のうるおいを保つセラミド、NMF(天然保湿因子)を洗い流してしまいます。その結果、水分が蒸発し肌は乾燥、バリア機能を弱めてしまうのです。特に敏感肌・乾燥肌の方は注意が必要です。

 


洗顔は、朝と晩1日2回で十分です。朝は軽めに、肌の新陳代謝が行われる夜は念入りに洗うことがポイントです。メイクをした日の夜は、クレンジングもきちんと行いましょう。

 

 

洗顔時の注意点A 洗顔料をよく泡立てが少ないと・・・。

 

 

洗顔料をよく泡立てることによって、肌に指が直接触れることや摩擦を防ぐことができます。泡をよく立てずに指で直接肌を擦ると、肌に刺激を与えてしまいます。しっかりと泡立てて、キメが細かく崩れない泡を作りましょう。

 

イメージでいうとこのようなきめの細かい泡が肌を優しく包み込む感じです。手で難しいときは、泡立てようのネットなどを使うと泡立ちもよくきめの細かい泡ができます。(ちなみに画像の洗顔用は ⇒ http://xn--ac-1b4avi8c7f6fk2g0985b.jp/ )こちらも良ければ参考に(;^ω^)

 

 

洗顔時の注意点B 力を入れすぎて、ゴシゴシ擦りすぎると・・・。

 

 

顔の皮膚は非常に薄く背中の皮膚の5分の1の厚さとも言われています。、少しの刺激にも敏感に反応します。角質層の厚さはわずか0.07〜0.2mmしかなく、コットンの摩擦でも傷がつくほど繊細なものです。

 

ゴシゴシと力を入れて洗うのは、肌をキレイにするどころか傷つけているようなもの。力を入れず、洗顔料の泡を指でやさしく転がすように洗いましょう。するとその肌を優しく覆った洗顔料が肌についた汚れや角栓を浮き上がらせるために効果も上がるのです。

 

 

洗顔時の注意点C すすぎのお湯の温度が低すぎる、高すぎると・・・。

 

 

洗顔の際の適温は普通肌の場合、肌より少し冷たい温度である32度くらいが適温です。顔の皮脂は30度くらいで溶け出します。つまり30度以上のぬるま湯で洗い流すことで、皮脂を浮かせキレイに洗い流すことができるのです。

 

ただ、あまりに熱めのお湯で洗うと、本来肌に必要な皮脂を落としすぎて乾燥の原因になります。また冷水だと汚れが浮きにくくなり、毛穴の汚れが落としきれなくなります。

 

あくまでほどほどにと言う事なので、洗面台でお湯が使えるときは温度設定も忘れなくしておきたいところです。

 

 

洗顔時の注意点D 入浴中のシャワーで洗い流すのは危険・・・。

 

 

入浴時に洗顔する方も結構多くいるのではないかと思います。シャワーから出たお湯をそのまま顔に当てるのは避けたほうが無難です。浴室内の温度は高くなっているため、角質もだいぶふやけている状態です・・・。。

 

その状態でシャワーを直接顔に浴びると、水圧で肌がダメージを受ける可能性があります。またシャワーのお湯の温度は、洗顔には高すぎる場合がほとんどで、乾燥を招く原因になります。洗顔は洗面所で細かくチェックしておきたいところです。

 

 

▼三大肌トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」用美容液!▼

【!初回970円!】三大毛穴トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」美容液ソワン

 

 

【関連記事】

 

毛穴専用美容液「ソワン」の使い方※コットンパックの使い方解説※